DEVGRU

プログラミングとbitcoinのシステムトレードについて書きます

プロコンで役に立つかもしれないPythonのワンライン関数

Paiza や AtCoder では、入力がテキストで示されますが、 その型は文字列だったり数値だったりするわけで、 うまい感じにキャストしたいものですね。

scanf的なものが標準であればいいのですが、ないので作るしかありません。

ので、作ってみました。

>>> def read_line(*types):
...     return [f(a) for a, f in zip(input().split(), types)]
... 
>>> read_line(int, str, str)
1 a b
[1, 'a', 'b']

read_line の引数にint, str, float を並べると、 その値にキャストした値が返ってきます。

入力が空白文字で区切られ、その個数がわかっている時だけしか使えないのですが、 プロコンではそれで十分だったりしますね。

明日のAtCoderではこれを使って行きたいと思います。

プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムとデータ構造

プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムとデータ構造