DEVGRU

プログラミングとbitcoinのシステムトレードについて書きます

Elasticsearch

外形監視はUptime Robotがいいらしい

ってGoogle先生が言ってた。 blog.adachin.me blog.shiftky.net Elasticsearchのサーバが死んでいると嫌なので、外形監視を入れた。ついでにこのブログも。 Mackerelは無料プランだと外形監視できないので、これは嬉しい。 問題は他のNode.jsやGoやbottle.py…

bitcoin のシステムトレードをしている 〜2017/08/08の時点の話〜

bitcoinのシステムトレードをいろいろしているが、 エンジニアとして楽しいのはOHLC求めてテクニカル指標出して、あたりまでで、実際の売り買いとなるとそんなに結果が出なかったりするので、 またすぐに改良と称して最初の部分から作りなおしてしまっている…

Elasticsearch の ES_HEAP_SIZE はもう使ってはいけない

古い記事にはみんなES_HEAP_SIZE使うように書いているんだが、 今(5系)これを設定するとエラーで起動しない。 ES_JAVA_OPTS="-Xms400m -Xmx400m" と、JVMのオプションとして制限を与える。 これでElasticsearchの消費メモリは400MBに制限される。 はっきり…

bitcoin の取引履歴を貯めるには、Elasticsearchが一番かもしれない

システムトレードでは、取引履歴を蓄積して、そこからレンジバー作って各種テクニカル指標を求め、エントリーの判断を行う。 筆者の環境では、各マーケットのストリームAPIから取得した情報をPostgreSQLに蓄積していたが、 非常に重くなってしまったので、El…